PETボトル模型ヨット 風来坊セイリング

PETボトルで安く簡単に模型ヨットをつくり、風任せの風来坊セイリングをしましょう。

垣花児童クラブでミニ作成会に進貢船開発中

8月23日に那覇の垣花児童クラブでミニ作成会しますが、キール接着しない艇を開発中です。
沖縄タイムスにも関連の寄稿をして採用されているので、沖縄らしい味を出すため進貢船型にしました。万太郎艇とは違い喫水線上の飾りですが、PETボトルと思えない可愛さです。

20170805TributeModelA1.jpg

動画
進貢船動画20170803

スポンサーサイト
[ 2017/08/06 22:03 ] 風来坊セイリング | TB(-) | CM(0)

ソフトセイルとグルーガン a soft sail and a glue gun

 前回紹介した動画で感心したのは、ビニル袋をそのまま一枚のセイルにし、マストは中をくぐらせていることです(万太郎艇もマスト部だけ2重です)。これまでのラフを糸で結ぶのは面倒であり、こちらが空力に良いように思います。洗濯屋さんのカバー袋などの軟らかい素材です。Footyは入門用ラジコン・ヨットですが、私たちよりもかなり大きいので、2重にするのは強度のためでしょうか。ハンダコテでリーチを切断するので2枚が接着します。スーパーのレジで水物をつめる極薄袋の大きいものは高さ35-37cmもあるので、これで試作します。動画以前には考えもしなかったですが、洗濯屋さんよりも入手が容易です。

 ダイソーでグルーガン108円を買いました。ハンダゴテがない人もいるのでセイル接着する試みしました。ノズル先に2mm径鉄ネジが留まり少し使えることが分かりました。台風の日にナフコ灘店で「真中割ピン1.6x20 12個入り」159円を買い(グルーガンよりも高いが、他の用途に使うこともあり)、楔代わりに細いゼムクリップ片をかませて押し込み、楔が緩まないようにピンをラジオペンチでわずか締めました。下に向けるくらいでは落ちません。先端の形が良く、熱伝導も良くなりました。「レジ」セイルは3分過ぎてから接着でき、熱くなると切断になり微小な縮れリーチでtapered cutをしたようになります。マスト部など何か所かは接着した方が良いと思うので、濡れ雑巾に当てたりして温度を管理しながら、点状に接着すると良いでしょう。
 製品の正しい使い方ではなく壊れるかも知れず、あくまで自己責任で。正しい使い方でもこまめに電源を抜いて火傷に注意です。本来のグルー接着はこれから試します。
 発泡スチロールも切れますが、熱量が小さく時間がかかりカッターの勝ち。キール支持の発泡スチロールに必要幅の溝は掘れますが、これもCDカット数を減らすためキール上辺は切らない方針なので意味なし。

 熱接着だけなら家庭アイロンでもできました。温度ダイヤルを化学繊維に合わせて、セイル材の上に白紙を置き、アイロンの縁をゆっくり滑らせていきます。接着の外側をハサミで切ればOK。同様に温度ダイヤルを毛に合わせると温度がさらに高くなり切断に近くなりますが、アイロンは重く、切断線が紙で隠れるので、ガンの方が便利です。

図48 グルーガンに真鍮ピンを装着 a brass pin in the nose of the glue gun as a hot cutter
gluegun2A.jpg

 別に、作成会ではCDケース切断の時間を短縮するため、ニクロム線カッターを作ろうと、不要になったDC-ACアダプター(12V以下)を探しています。

六甲アイカップ54 2014-08-18
追記;アイロンは熱収縮がおこるので、スポット接着しかできませんが、形状から無理でしょう。実用性乏しく、図は削除しました。
[ 2017/07/31 08:47 ] PETボトル模型ヨット | TB(-) | CM(0)

三色セイル

 試作でセイルはボロを使ってきましたが、貸し出し艇は三色セイルで写真映りを良くします。試作してみると素敵です。接着剤は点付けするつもりでしたが、あふれ出たので線状になり、硬くなって昔と同じ失敗です。
 7月20日論文集めの帰り、青シートがあるという心斎橋の東急ハンズに行きました。すると、塩化ビニル0.8mm厚、赤や白もあり91cm幅の50cm分購入しました。

20170722PO20a.jpg


 別のラジコン艇のため、1駅離れた日本橋まで歩きましたが、無風の大阪は熱中症なりそうでした。「千石電商」や「たもつ」で、電池ボックスやスィッチなどを購入したので、マニアと言われるでしょう。

 写真の船体は昨日作った、那覇垣花児童クラブ作成会用にキールを接着せずステイプラー(ホチキス)留めにしたものです。キールの前後を間違えマストも前から5cmだったので船首が沈みました。六甲アイランドで今日テストすると、風下傾向でした。錘を後方に数ミリ寄せ、セイルを写真の底辺15cmから17cmのものに代えて、再テストです。
[ 2017/07/22 12:01 ] 風来坊セイリング | TB(-) | CM(0)

スウィング・リグの作り方 How to make a swing rig

 セイルの作り方を検索してHow to make soft sails for a Footyという1時間を越えるYouTube動画を見つけました。
これが、スウィングリグの作り方にもなっていました。スウィングリグは模型では有力です。swing rigは回転部を下から支えると思っていましたが、動画ではつるすので上から押さえており意外でした。
 動画を真似て6mmの木の丸棒に合わせて、5cmのゼムクリップと笹竹で回転部分とブームを試作しました。マストよりやや太い笹竹(図47Aの上)にクリップの曲がり部を当てて曲げて行き1周半したら、ラジオペンチneedle-nose pliersの先端でリングをしっかりつかんで、針金をリングの直径を指すように曲げます。反対側も同様に行います。初めて作ったものは図のようにわずかに直径からずれたので、作り直して細い笹竹にさしてブームとしました。5cmのゼムクリップはギザギザが刻まれており接着すれば抜けにくいでしょう。動画ではブームやマストはカーボンファイバーの細いロッドのようですが、六甲アイランドカップ艇にはこれで十分。笹竹は神戸大学馬場から採り置きしたものでただ同然です。図47Aの下にあるのは、マストを通して適当な位置に接着し回転部を支えるプラスチック円柱で、図47Bにある100円均一で買い使い終えたサインペンのキャップ部にあるマストが通る太さの軸をノコで切り断端をナイフで整えたものです。
 ちなみにペンとしては反対側の細字がすぐ書けなくなり良くなかったです。通常のボールペンの胴は模型マストには太すぎて使えません。ゲルペンの芯がほぼ径6㎜で強く、上の目的には使えませんが、何かに役立ちそうなのでメモ代わり写しておきました。

図47A スウィングリグの回転部 a pivot of a swing rig
swingRigPivot2.jpg

図47B 回転台の材料 materials for a pivot support
pen.jpg

 この関連資料でマストヘッドに小旗を付けるようになっていました。六甲アイランドカップのレースでも識別のためカラーのミニ紙はさみを付けようと思いますが、走行に影響ないようマスト先端を1.5 cmほど空ける必要があるでしょう。

六甲アイカップ52 2014-08-15
転載追記:イナミノフリートでswing rigはジブを小さくしないとタック困難と教えてもらいました。
[ 2017/07/08 16:30 ] PETボトル模型ヨット | TB(-) | CM(0)

ボランティアの力

 6月25(日)UrbanPicnicという団体のボランティアの集まりに参加してきました。会場は東遊園近くの海側、生糸検査場跡が展示や会議に使われるようになった場所で記念展示もありました。

20170625クリエイティブセンター

 4-5人かと思っていたら数十人、意欲が高い人たちで、これら何者という感じでした。2-3年前から三宮東遊園の活性化を受託し、芝生を植え、カフェを設け、マーケットを呼んだりしています。受託額は、5万円の私たちの100倍以上です。毎年参加している人が多いようです。都市デザイン科の学生レポートのようなテーマにこれだけのボランティアが集まるのは不思議です。歴史的町並みの保存復元なら愛着があっても、2-3のモニュメントだけの三宮東遊園がそうとは思えません。代表もコーディネータ型でカリスマ型ではありません。

20170625UrbanPicnic.jpg

 東遊園の使用許可は全域単位であり、7月中旬からはUrbanPicnicがほぼ連日押さえているので、梅雨明けで7月第3月曜日の海の日近くでやる模型船トライで協力してもらわなければなりません。その代表も噴水池周辺は人気がないと言っており、今年からやって欲しいと要望されました。この計画が終わった時、芝生などのハードは残っても、図書スペースなどソフトが残るか分かりませんが、模型船トライは近くにメンバーがいれば充分残るのでしょう。模型船トライの独自予算を確保し、活動者を募りたいと思います。

 これまでボランティア募集で苦労してきましたが、この団体を見てから、旧校の時にボランティアを頼んだアートカレッジ神戸に手紙を書き、留めていた「ボラシェア」などボランティア関係に動きました。
[ 2017/07/07 22:17 ] 風来坊セイリング | TB(-) | CM(0)